新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・皮膚科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

肌荒れ

  • 肌荒れ

肌荒れの背後には色々な病気が隠れています。接触性皮膚炎やアトピー性皮膚炎、乾皮症など、原因に応じた治療が必要になります。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

肌荒れ

肌荒れを放置していると皮膚の痒みが強くなったり、肌のバリア機能が低下する原因になってしまいます。皮膚のバリア機能が低下する原因には痒みによる搔き壊しや炎症を繰り返すことで起こる組織の破壊があります。

痒みを放置してしまうことでこのようなトラブルを引き起こしてしまいます。独力で判断せず、必ず皮膚科の医師と相談するようにしてください。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

市販薬を自己診断して使用していると、原因を解決せずに体を騙し続けることになってしまいます。市販薬でお肌の状態を一見良く改善することはできるのですが、それはあくまでも症状をごまかしているだけです。肌荒れの原因を特定することでアレルギーに向けた治療、乾燥に対する治療、感染に対する治療など適切な選択肢を選び取ることができます。

正しい選択肢を選べるように独力で判断を繰り返すのではなく、必ず医師に相談をするようにしてください。お肌の状態を管理するには実は炎症のコントロールや痒みのコントロールだけでなく、患者さん自身がお肌を健康に管理できるように理解することが重要です。お肌の洗い方や保湿のやり方を学び、より健康で丈夫な肌を作れるように皮膚科医は協力できます。皮膚の状態に関して困ることがあれば必ず皮膚科の医師に相談するようにしてください。