新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・皮膚科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

乾癬

  • 乾癬

皮膚が赤くなり、ポロポロと白いかさぶたのようなものが剥がれ落ちる病気が乾癬です。肘や背中などに症状が出やすく、原因が未だに特定されない疾患です。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

乾癬

乾癬は様々な因子が絡み合って発症する疾患で、遺伝的な要素やストレスなど様々な要素が複合的にからみあって発症すると考えられています。乾癬を放置してしまうと症状が悪化し、皮膚の状態をもとの健康な状態に戻すことが徐々に難しくなってしまいます。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

乾癬の治療には様々な薬が使用されています。特に頻度が高く用いられているものにステロイド薬とビタミンD3外用薬があります。乾癬の治療に必要な薬の使い方は患者さんだけでなく患者さん自身がしっかりと理解する必要があり適切な薬の使用法の指導が肝心です。このため、市販薬を安易に使ってしまうことが思わぬトラブルを呼び込んでしまうのです。ビタミンD3外用薬なども少しずつ使用するのではなく、しっかりと塗ることで治療効果があり、ステロイド薬も副作用との兼ね合いを考えながら治療のやり方を検討していきます。ステロイド薬は炎症を抑える作用が非常に強いので、適切な指導のもとで薬を使うと効果的です。しかし、長期にわたって使用を続けていると副作用が出てくることもあるので、使い方を誤らないように気をつけながら使用することが大切です。

乾癬は長期にわたるケアが必要な病気です。皮膚科の医師と連携した治療を行いましょう。