新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・皮膚科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

ニキビの症状

  • ニキビの症状

ニキビの症状と進行段階

ニキビ

ニキビを1日で治そうと思っても難しいのが現状です。ニキビは毛穴の奥で異常が生じてから痛みや違和感が消えるまでは、数日~1週間以上もかかる場合があります。そういったニキビの症状は進行状況によって異なります。

微小面皰

皮脂や汚れが蓄積し、やがて角栓という固形となるため、排出させる毛穴が詰まり始めます。
痛みや痒みは感じませんが、ニキビとしての最も初期段階です。

白ニキビ

皮脂が詰まり表面がわずかでも盛り上がってきます。肉眼でも確認でき、皮膚の表面が薄くなったように、やや白っぽく見える症状になります。
この時点で、毛穴の奥ではすでにアクネ菌が活発になり始めている初期のニキビです。

黒ニキビ

毛穴の中が皮脂で満たされて膨れ上がってしまうと皮膚の表面が開きます。ニキビは空気中の酸素と反応を起こしてしまうことで黒いニキビとして症状を現します。
場合によっては、大きさが極端に小さくなるとニキビかシミか判別が難しいケースもあります。この症状はニキビの中期にあたります。

赤ニキビ

毛穴の奥ではアクネ菌の最盛期です。皮脂をエサに増殖を繰り返すとそれに対抗するための白血球が活発に働きます。こうしたアクネ菌VS防御作用の闘いが炎症です。
毛穴だけではなくその周囲も腫れ、ニキビ部の皮膚表面が赤くなり、痛みや違和感などの症状が現れます。
新宿や新宿周辺から当院皮膚科へお越しになる患者様の多くは、こういった炎症症状が持続する、炎症部位にさらに違う炎症が重なっているという状況を抱えています。炎症は長引く前に治療することがニキビ跡を作らないためにも重要です。

黄ニキビ

炎症が起きたあとには、菌や白血球の残骸が出てしまい、毛穴の奥に溜まります。これがいわゆる「膿(うみ)」と呼ばれるもので、目に見えるものでは、黄色のニキビとして症状を現します。

・紫ニキビ(結節性ニキビ)

アクネ菌が増殖すると白血球の量も増え炎症が強くなり範囲も広がっていきます。皮膚本来の組織が破壊されるため、膿や血液の残骸が毛穴の奥に残ってしまいます。見た目も紫がかったような特有の色であり、触感もコリコリした異物感のある症状を来たすニキビの終期ですが、跡を残す原因にもなります。

ニキビの症状を改善

皮膚科においてニキビの症状を改善するには、内服や外用薬によって、ニキビの炎症を抑えることやニキビのできにくい肌を作り上げていくことになります。早期であればあるほどご本人の苦痛も少なく、治療期間も短くて済みます。
ニキビの症状に悩む方は、できるだけ症状が軽いうちに皮膚科受診をお勧めいたします。
当院では、患者様の生活スタイルや環境を把握しながらニキビの原因を追究し、保険診療にて適切な治療をご提案させていただきます。
新宿や近郊にお住まい、またはお勤めの方にとっては、交通に便利な当院皮膚科に気軽にご相談ください。