新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・皮膚科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

性器ヘルペス

  • 性器ヘルペス

口唇ヘルペスと同様に性器ヘルペスも非常に重篤な疾患です。性感染症としての意味合いもあるので、適切な治療を行わないと大きなトラブルを起こしてしまいます。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

性器ヘルペス

性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスの感染症で、口唇ヘルペスとは異なるⅡ型のウイルスが感染して起こる病気です(口唇ヘルペスはⅠ型)。このヘルペスによる感染症はストレスが溜まった時や体調を大きく崩した時に現れることがあり、一度感染すると潜伏したヘルペスウイルスによって再発を繰り返すようになってしまいます。

放置を続けてしまうと女性の場合では出産時に赤ちゃんにヘルペスウイルスを感染させてしまい、ヘルペスウイルスによる角膜炎などの疾患を引き起こすきっかけになってしまいます。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

ヘルペスウイルスの根本的な治療にはウイルスの働きを抑える抗ヘルペス薬を用いる必要があります。このような薬は薬局では販売されておらず、薬局で手に入る痛み止めなどでは適切な治療を行うことができません。痛み止めだけではウイルスの活動を抑えきれないので、適切な治療を行いウイルスの活動を抑制することが大切です。

性器ヘルペスは自分だけでなくパートナーにも感染を拡大する可能性があるので、定期的に診察を受け、皮膚の状態や粘膜の状態などを健康な状態に保つことが大切です。このような専門の治療には皮膚科の医師のサポートが必要になります。性器ヘルペスでお困りの場合は是非一度相談をしてください。