新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・皮膚科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

爪水虫

  • 爪水虫

爪水虫は白癬菌というカビの一種が爪に住み着いて起こる病気です。水虫を放置していたり、水虫の治療を放っておくことで白癬菌が足から爪に入りこみ発症します。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

爪水虫

爪水虫の白癬菌は爪の先端または傍から入りこみ爪の先が分厚く変化していきます。爪水虫を放っておくと爪が変形し、日常生活にも支障をきたす可能性があるので、放置しておくことは厳禁です。爪が白癬菌の住処になってしまうと爪がボロボロになり、崩れた爪の欠片からさらに感染を広げてしまいます。家族にも影響を与えてしまうこともあるので、爪水虫は決して放置できない病気です。

爪水虫による爪の変形が進行すると爪が皮膚に食い込んでしまい、痛みが出てくることがあります。こうなると日常生活を送る上でも大きな支障となってしまうので、爪の変色や変形が気になり始めたら早期の治療を行う必要があります。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

爪水虫の治療には抗真菌薬という薬が必要です。爪は硬いため外側から塗っただけでは爪の内部の水虫を完治することはできません。したがって爪水虫の治療には飲み薬を合わせて使うことが一般的です。爪水虫の薬を長期間服用する場合には場合によっては肝臓の機能に変化を与えてしまうこともあるので、長期にわたって医師の観察が必要になることがあります。薬の副作用や体の状態に合わせて治療を行うことでより安全に、かつ効果的に治療ができるので、独断で市販薬を試すのではなく医師に相談してから治療を行うようにしましょう。