新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・皮膚科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

いぼ

  • いぼ

いぼは専門的には疣贅と呼ばれる疾患で、ヒトパピローマウイルスというウイルスが原因で起こる皮膚に出来る小さなコブのようなものです。いぼ自体は放っておいても自然治癒するものが大半なのですが、なかには放っておくとトラブルの原因になるいぼもあるのです。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

いぼ

いぼを放置しておくといぼが増えてしまうことがあります。いぼの原因はウイルスですので、放っておくことで健常な皮膚にまでウイルスが広がってしまい、新たないぼの原因になってしまうことがあります。皮膚が擦れて小さい傷ができてしまう部分や怪我をしやすい部分は特にウイルスの感染の可能性があるので、肘や膝は特に注意が必要です。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

実はいぼの中には非常に感染力が強いいぼがあります。伝染性軟属種という皮膚の疾患は一般に「水いぼ」として知られているいぼで、感染力が強く皮膚にたくさんのいぼが広がってしまいます。伝染性軟属種は子供に多く見られ、大人になるまでになくなってしまうのですが、放っておくと他のお子さんに感染を広げてしまうので症状には注意が必要です。いぼの治療には多くの薬が市販されていますが、いぼの原因となっているウイルスによって適切な対処法が異なっているので必要な処置を皮膚科医に相談することが大切です。「一見いぼのようで実は重大な病気の症状が出ていた」ということもあるので、いぼが出てきた場合には必ず医師に相談をしてみてください。