新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・皮膚科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

湿疹

  • 湿疹

湿疹は様々なものが原因となって起こる皮膚の炎症です。湿疹を適切に治療するには医師のサポートが絶対に必要になります。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

湿疹

湿疹には接触性皮膚炎というアレルギー反応や皮脂の分泌過剰が原因で起こる脂漏性皮膚炎など様々なことが原因で発症します。湿疹の原因はあまりに多岐に渡っているので、裏に何らかの病気が隠れている場合には治療を行わなければ湿疹が続いてしまいます。

湿疹の中には原因との対応関係が明確なものや原因との対応関係が不明瞭なものまで様々な湿疹が知られていて、この湿疹の原因を適切に把握することで正しい治療につながっていきます。このため、皮膚の状態把握をしっかりと行い、それぞれの原因に応じた治療が必要になるのです。

湿疹を放置してしまうとこのような原因の解決ができず、再発を繰り返したり病態の悪化につながってしまいます。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

市販薬を使ってしまうと病態が隠されてしまい、診断が困難になることがあります。そのため、症状が辛い場合にはできるだけ早く医師に相談してもらうことが必要です。また、市販薬の中にはステロイド薬もあり、薬の強さの選択や薬の使い方に注意しなければ状態をより悪化させる原因にもなってしまいます。

お肌の管理には医師と看護師による指導がひつようになります。お肌の洗い方やお肌に薬を使うためのアドバイスなど、様々なサポートを通じてケアを行います。一人で悩まず、できるだけ皮膚科の医師に相談をするようにしてください。