新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・皮膚科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

化粧品かぶれ

  • 化粧品かぶれ

化粧品を使うと肌が荒れてしまうことがあります。痒みが出てしまったり、肌荒れを繰り返すと様々な悪影響が出てくるので注意が必要です。

放置しておくとこんなことになる可能性があります

化粧品

化粧品によるかぶれは接触性皮膚炎という皮膚が起こす一過性のアレルギー反応です。接触性皮膚炎が起こった場合には肌の炎症をコントロールし、肌の状態を改善する必要があります。化粧品かぶれを放置してしまうと肌の炎症に合わせてメラニン色素などが沈着し、シミが目立ってしまったり、痒みを繰り返しやすい肌が出来上がってしまうことがあります。このようなトラブルを未然に防ぐためにも化粧品かぶれが起こった時には適切な痒みのコントロールと炎症のコントロールが必要になるのです。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

痒みを抑える薬は市販薬でも販売されています。しかし、市販薬には思わぬ落とし穴があるので注意が必要です。市販薬の中には麻酔に用いるような成分が入っている薬もあり、一瞬だけ痒みが治まります。しかし、痒みを抑えているだけでは根本的な治療を行うことができません。根本的なお肌の状態の改善のためにはお肌にあった化粧品の選択と適切なお肌のケアが必要です。

また薬を使う時にも炎症を抑えるステロイド薬などは医師・薬剤師のアドバイスなくしては安全に使うことができません。独断で薬を使用した結果かえって肌にトラブルを引き起こす患者さんが後をたたないので必ず自分だけで判断せず、医師のアドバイスのもとに薬を使いましょう。