新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・皮膚科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

じんましん

  • じんましん

じんましんは、皮膚の表面(表皮)より少し下の真皮という場所で起こる皮膚の炎症で、かゆみを伴います。通常は、抗ヒスタミン薬の飲み薬などで治療開始します。

薬によるアレルギーで、じんましんになることも

じんましん

市販されている薬や処方された薬のアレルギーによって、じんましんの反応が出ることもあります。どの薬でもなる可能性はありますが、内科や皮膚科などで処方される抗生物質などでも引き起こされることもあります。皮膚科学の中では、薬疹(やくしん)とも呼ばれており、重症化する場合もありますので、注意が必要です。原因となる薬剤を中止して、早めに、医師と相談すると良いでしょう。

原因がはっきりしないことも

なにか特定の食べ物を食べた後に、じんましんの症状が出たら、その食べ物が原因だということがわかります。特定の食べ物や薬剤によるじんましんなど原因が明確なこともありますが、多くの場合は、原因がはっきりしません。原因がわからないものを、特発性じんましんとも呼びます。

効果的な抗ヒスタミン薬を選択

抗ヒスタミン薬の飲み薬には様々な種類がありますが、効果には個人差があります。ご自身にあった薬を選ぶことが大切であり、効き目がいまいちであれば、種類を変更する場合もあります。最初は効いていたが、徐々に効かなくなるケースもあり、そのようなときは、早めに皮膚科へ相談するとよいでしょう。薬を追加したり変更したりします。

今まで効かなかった抗ヒスタミン薬があったら、メモしておくと、別の病院を受診した際に、再度同じ薬を避けることができます。

塗り薬は効果がない?

湿疹と違い、じんましんは、皮膚の表皮よりも、真皮を中心とした皮膚病です。患者さまの中には、飲み薬よりも、塗り薬で治療を希望される方もいらっしゃいますが、飲み薬の方が効果的です。もちろん、塗り薬も全く効果がないとは断言は難しいですが、抗ヒスタミン薬を中心とした飲み薬で治療中心であることをご理解いただけますと、ありがたいです。

抗ヒスタミン薬の飲み薬は、眠気が起こりやすいものもありますが、眠くなりやすい方には、できるだけ眠気の少ない薬を選ぶようにしております。

じんましんで、呼吸ができなくなることも

じんましんが気管に現れると、気道がむくみ、気道を閉塞して呼吸ができなくなることもあります。飲み薬では対処できないこともあり、注射や点滴などの緊急処置が必要になります。(新宿の当院皮膚科では、設備が充実していないため、緊急処置はおこなうことができませんので、ご了承ください)

早急な手当てが必要なため、診療所レベルの皮膚科よりも、大学病院や総合病院の皮膚科へおかかりになった方が良いでしょう。気道が完全に閉塞して、呼吸ができなくなったら、命の危険にさらされます。場合によっては、救急車を搬送された方が良いこともあります。

西新宿の飲食店のエビでアレルギーに

新宿西口の当院皮膚科でも、じんましんの症状にお困りの方が大勢受診されます。

その中でも印象的だった患者さまとしては、元々エビアレルギー持ちの20代の男性の方で、西新宿の飲食店(ラーメン店)でラーメンを食べていたら、気づかずラーメン内にエビが入っていました。

体の表面にかゆみを伴う腫れが出てきたため、スマートフォンで検索して、現在地から一番近くの皮膚科を探して、新宿駅前の当院皮膚科に来院されました。

幸い、早く治療を開始できたこともあり、息苦しさもなく、気道の症状もありませんでしたので、経過観察の末、大学病院や総合病院を紹介することなく、回復してお帰りになりました。薬の飲み薬を開始して、万が一悪化するようなら、早めに、皮膚科を受診してもらうようにお伝えしました。

患者さまがとっさにスマートフォンで近くの皮膚科を検索して探すことができ、症状も重症化しなかったことは運が良かったとも言えます。

食物アレルギーの方は、特に外食する際に、料理の中に食物アレルギーの成分が含まれていないかどうか注意が必要です。